スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケカXYレギュ】ガラガラBREAKデッキ

にゃっほーい!かおろうだよ☆

今日わぁ~ひよポケさん主催の「みがわりカップ」で使用したデッキ構築を紹介するにぃ~♪


きらり構文ハマってます

☆ガラガラBREAK☆


CPwQzTaUYAEoUCb.jpg
それでは、ご覧ください・・・


ポケモン 17(たね11)
ガラガラBREAK 2 ・・・多いと事故の原因
ガラガラ 3 ・・・4欲しいけど3でも回ることが判明、入れたいグッズが多いので減らした
カラカラ 4 ・・・初手に来てほしくないから3に減らすのも一考の余地あり
ランドロス 2 ・・・初手に欲しいから増やすのもあり
ルチャブル 2 ・・・とりあえず入れれば強い
サンダース 1 ・・・対イベルタル、レック
イーブイ 1 ・・・HP60のほう
シェイミEX 2 ・・・出すだけじゃなくて死ぬのもお仕事

サポート 13
プラターヌ 4 ・・・安心と信頼
コルニ 4 ・・・何を持ってくるかしっかり考えよう
サカキの計画 2 ・・・不意の+20で計算を狂わせる。保険にも
フラダリ 2 ・・・構築済みにサーチャーと一緒に入れてくれると初心者にオススメできる
エリートトレーナー 1 ・・・ボーンリベンジ前に打つと相手何もできないまま終わることも

グッズ、スタジアム 20
はかせの手紙 2 ・・・毎ターンエネつけたいね
ハイパーボール 2 ・・・コルニいるから実質シェイミおでましカード
サーチャー 3 ・・・3が一番安定
すごいつりざお 1 ・・・終盤でガラガラ回収に使いたいけどだいたい序盤にプラターヌの犠牲になる
改造ハンマー 1 ・・・とりあえず、いいきずぐすりと悩んだ
みがわりロボ 2 ・・・ほねふうしゃの入れ替え先、たまにしか出さない
ちからの鉢巻 3 ・・・1枚減らして入れ替えにする予定
気合いの襷 2 ・・・強かった
軽石 1  ・・・あると便利だったからやっぱ1枚は欲しい
ファイティング 2 ・・・打点強化は強い
サイレントラボ 1 ・・・いちおう対ギルガルド

エネルギー 10
闘基本 6 ・・・コルニ手紙の流れがあるから少なくても困らない
ストロング 4 ・・・闘タイプ優遇されすぎ問題





ガラガラを回していて思ったのはBWのドンファンと似ているようで異なるということ。
ほねふうしゃの交代に目を奪われドンファンロボのようなデッキを目指したくなるが、交代できるかどうかが不安定な技なのでぐるぐる要素を最低限残しつつしなくても勝てるようにした。
可能な限り早くガラガラを立てて行動したいのでコルニ→ハイボ→シェイミEXの流れを意識、ランドロスでエネ加速しつつガラガラ圏内に持っていくことを目指す。対EXはこれで安定しますが非EX軸はとてもつらいです。気合いで何とかしましょう。
ほねふうしゃの引き先に便利な身代わりロボは常にEXを相手するとは限らない点、ベンチ圧迫を防ぐため2枚に抑え、基本的にはシェイミEXを相手に捧げます。ガラガラBREAKの火力を高めるためには相手にシェイミを倒してもらう必要があります。
シェイミ+なんかでサイド3枚取られるとボーンリベンジの火力は140になりここにストロング鉢巻などが付くと多くの相手を一撃で倒せます。エリトレで相手のハンド減らしてからのボーンリベンジで流れを引き寄せられれば強い(小並)

長くなりましたが、ランドでエネ加速→ガラガラほねふうしゃ→シェイミに死んでもらう→ガラガラBREAK無双
これが基本的な流れです。
非EXも同様にシェイミ死からのボーンリベンジが理想ですがなかなかうまくいきません。今後の課題でしょう。


矢上祭、みがわりカップ2位という成績でした。3-1でした。
普段対戦しない他大学のポケカ勢と対戦でき、交流できたのは刺激になりました。
レア度意識高くてチビりました
運営のたかさきさん、ひよポケのみなさんありがとうございました。


ポケカのデッキについて初めてブログを書いたので不慣れで見にくいと思いますがご容赦ください。
何か質問等あればtwitter:@Kaorou21までお願いします。

では
スポンサーサイト

【ポケカ】フラダリの奥の手とぼく


6月1日、とあるサークル員の一言がそこにいた全ポケカ勢に衝撃を与えた。

「奥の手、禁止されるってよ・・・」
CGe6OIgUIAAFyLh.jpg



誰が予測できたであろうか?あのポケモンカードが、一応ちびっこ向けカードゲームであるポケモンカードが、遂に禁止カードを作ったのだ。

twitterのTL上でよく「シェイミ〇ね!」などという声は聞いていたし、個人的にもシェイミが諸悪の根源だと思っていただけに奥の手禁止は予想外であった。


出会いは9月のファントムゲート、最初は「なんだこれ?」くらいの印象だった。
よるのこうしんが強いからその対策とデッキ切れを防げるくらいにしか考えていなかった。
さらにいうと、サポート事故が起きると必ずと言っていいほど手札で一層輝きを放つ彼の姿が見える。
「おまえじゃない・・・おまえじゃないんだ・・・・」
誰もが通ったであろう

けれども環境が進み、ダート自転車が出てきたXY5辺りから次第に奥の手の重要性が増し、振り返るとこの頃から奥の手中毒と化したのかもしれない。

そしてゲームスピードにギアをさらにかけたXY6、白レックを回す時に真っ先にサイド落ちしてないか確認するカードになっていた。
奥の手がないとレックを思う存分回せない、レックウザデッキを楽しめない、奥の手が全て・・・

そう、私は奥の手なしでは生きていけない身体にじっくりと調教されていたのだ。

私はなんだかんだいってシェイミを使ってベンチ展開するデッキが大好きなのであった。つまり毎試合のように
「しゃあちゃああああああ!おぉくのてうちまああしゅ!!!!はいぱぁぼおる!しぇいみ!せっとあっぷ!!!!だーと、ぽすとぉ!はいぱぁぼーるもってきてうちまぁす!しぇいみ!せっとあっぷ!ろくまい!!
Fooooooooooooooooooo↑↑↑↑きもちいいいいいいいい!!!!



もはや奥の手による快楽は薬物教室とかでみたビデオの演技をはるかに越えているのであった。
禁止が発表された時に使っていたのはシェイミ+ダーテング(XY1)+ライチュウ。シェイミだけじゃなくてはっぱドローによってさらに快楽を得ていた。もはや勝負よりもデッキを回して快楽を得ることにすべてを注いでいたのかも知れない。

私ほどでなくても、全国のポケカプレイヤーはシェイミを中心としたデッキ回しに慣れてしまい。一試合に1回奥の手が発動するのが普通になってしまっていた。


でもよく考えて頂きたい。フラダリの奥 の 手である。
奥の手という言葉を広辞苑で調べると
「容易に人に知らせない技芸・謀略など。とっておきの手段。」

容易に人に知らせないとっておきがなぜ毎試合のように使われているのだろう????
これは矛盾なのではないだろうか。

そう、この禁止は奥の手を乱用した我々に対する罰なのである。今まで必要以上に満足した分我々は我慢をしなくてはならないのである。
これも神(株ポケおよびクリーチャーズ)からポケカプレイヤーへの試練なのだ。
(ま、そもそもデッキ回すグッズとシェイミが出てこなければ禁止にはならなかっただろう・・・)

私は今日限りで奥の手という麻薬から足を洗おうと思う。

今までありがとう!君との思い出は忘れない。

さよなら・・・
60357.jpg


こうして私とフラダリの奥の手は別れを告げたのであった。
おしまい。
プロフィール

kaorou4321

Author:kaorou4321
ポケモントレーナーと前川みく小日向美穂Pを兼任する法ポケの人間
ダブルを中心にポケカもやってたりします。
このブログでは、パーティ構築の紹介や宣伝とかやります。
twitter @Kaorou21

カウンター
カウンター2
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。